A Pandemic Journal. そして自分が感謝すること

コロナウイルスの発生からほぼ4ヶ月が経ちました。小さくても大きくても私たちの日常はこのパンデミックに影響されています。

私はほぼ毎日家にいます。おなじみの近所を毎日見て、毎朝は鳥の歌い声を聞いています。

自分がずっとやっているあることがこの時期に限って非常に特別になっています。それが日記を書くこと。

Continue reading “A Pandemic Journal. そして自分が感謝すること”

1年間のギャップイヤー (Gap Year)から得たこと

2019年09月09日、ハノイ国家大学日越大学の入学式が行われました。私は今年の9月から大学院生になります。1年間のGap Yearはこれで終わりです。

長くもない、短くもない間に色々なことを経験できたものの、まだできていないこともたくさんあります。しかし一番大事のはこの1年間を通って自分がどれぐらい成長してきたかのことです。

Continue reading “1年間のギャップイヤー (Gap Year)から得たこと”

何か違うことをやろう!今すぐ!

日曜日の夜に新しいビデオを投稿しました。タイトルは「Speaking 4 Languages」。このビデオは今まで投稿したものとまったく違って、今回は自分がカメラの前に座って色々話すビデオです。内容的には私が4つの言語 – 韓国語、日本語、英語とベトナム語で自己紹介するビデオでした。

色々な言語で話すことをビデオで移る、っていうアイデアはだいぶ前からあったんですが、なかなか実現できなく、いつも「やってみないな」としか思ってなかったんです。しかし、先週の金曜日に本気でカメラの前に座って4つの言語で話してビデオを完成させました。

どんなきっかけで、私はすぐこのアイデアを実現させたのか?

Continue reading “何か違うことをやろう!今すぐ!”

もし本を書くとしたら何を書く?

最近こんなことをずっと考えている。「一冊でも書こうか」と。

実は去年の3月、初めて「本を書きたい!」と思った。きっかけはその時読んだ2冊の本。どっちも日本に留学した話について。筆者はベトナム人。2冊を読んで気づいたのは、同じく日本留学の話だが、筆者が感じることや体験したことなど、それぞれ違う。留学話の本、実はたくさん出版されている(その中に日本留学は多分4,5冊ぐらい)。それでも、もし私が本を出版したら、読んでくれる人は絶対いる(親を除いて)。だって、今まで日本留学について書いた筆者たちは全部女性。ということは自分は初めての男性筆者になるっていうこと。

Continue reading “もし本を書くとしたら何を書く?”

2019年の3つの目標

新年になると、僕らは”New Year Resolution”っていうものをよく書いておく、あるいは考えておくのではないかと思います。例えば、「今年は痩せたい、たくさん運動したい、たくさん本を読みたい」っていう、さまざまな「やりたいこと」、「しなければならないことがあります」。しかし、僕にとっては少し曖昧で、それだけ言っておいても、実にどうすればいいのかわからなく、結局果たせないまま、また年末になります。そこで、2019に向けて、3つの大事な目標を選び、その目標をより小さく分けて、少しづつ果たしておきたいと思います。 Continue reading “2019年の3つの目標”