10月から再び横国生。しかし今回は「リモートスタデイー」

この「リモートスタディー」は自分が考えた言葉。単に言うとオンライン授業。でも「リモート」の方が、遠い感じがする。距離的に。

10月から6ヶ月の交換留学(インターンシップ)が始まる。コロナがなかったら今は羽田空港に到着して横浜国立大学の新しい寮で手続きをしているかもしれない。そして明日からは再び横国を歩ける。残念ながら日本には行けなく、結局オンライン授業。認めざるを得ない現実だ。

Continue reading “10月から再び横国生。しかし今回は「リモートスタデイー」”

もし本を書くとしたら何を書く?

最近こんなことをずっと考えている。「一冊でも書こうか」と。

実は去年の3月、初めて「本を書きたい!」と思った。きっかけはその時読んだ2冊の本。どっちも日本に留学した話について。筆者はベトナム人。2冊を読んで気づいたのは、同じく日本留学の話だが、筆者が感じることや体験したことなど、それぞれ違う。留学話の本、実はたくさん出版されている(その中に日本留学は多分4,5冊ぐらい)。それでも、もし私が本を出版したら、読んでくれる人は絶対いる(親を除いて)。だって、今まで日本留学について書いた筆者たちは全部女性。ということは自分は初めての男性筆者になるっていうこと。

Continue reading “もし本を書くとしたら何を書く?”

人生を変えた瞬間 – 何のために留学した?

ベッドでダラダラして、天井を見て、色々考えていました。そしてある質問が自分の頭に現れました。「なんのために留学した?」- 自分で考えて、自分に問いかけた質問。

そんなに特別ではない質問だが、あのころの私にとってはとても必要でした。自分の部屋で毎日寝ているベッドで起きたその瞬間、まさかの私にとっての「人生を変えた瞬間」でした。

Continue reading “人生を変えた瞬間 – 何のために留学した?”